子供の手・指を使った教育!父親は何ができる?

Sponsored Link

⚠注目⚠

英語の勉強で必要なのは、

まず、英語特有の音を聞く事です☝

それには、映画や音楽も大事ですが、

やはり、まずは会話をし、

特有のテンポに慣れる事が

大事です!!

その為には、2回の無料英会話レッスンがある

DMM英会話が非常にお得です。

ぜひお試しください!!

英会話

悩みがあれば、気軽にLINEの友だち追加から質問してください!

友だち追加

 

以前子供の教育について、少し記事を記載しましたが、その中で子供の脳は3歳までに決まる!という記事で、3歳までに以下が決まるということを記載しました。

「性格」「知能」「運動能力」

詳細については、右記リンク(リンク)を参照ください。
この中で、「性格」がその後の人生にどのように大きく影響を与えるのかという事を記載していますが、大事な子供の教育に父親として、そして親としてどうサポートしていけばいいのかをココでは記載してたいと思います。

 

子供を理解しよう

子供は自分の調子が悪い時、例えば寝起きや眠たい時、遊びたいのに遊べない時になんかに泣いたりします。

これは、両親や母親の気を引きたいために、最終手段として泣いているわけです。まぁ、母親に言わせると当たり前ですが、父親にとっては訳が分からなかったりするわけです。

この訳がわかっていない点について、母親としても父親を理解してあげてください(笑)
まずは、これを理解することが大前提です!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
子供教育関連記事

 

スポンサーリンク

自発性を目覚めさせ、子供に手・指を使わせよう!

子供の教育で何が大事かというと、まず自発性を目覚めさせ、興味を持たせることが大事です!

さらに、大事なのは、興味を持った事について、子供自身で何でもさせ、手・指を使って物事を覚えさせ、達成感を味あわせる事です!

手は第二の脳と言われるくらい、身体の重要な器官です。手さらには指をフルに動かす事で、脳の前頭前野が鍛えられ、脳がどんどん発達し、手・指を自由に使えるようになる訳です。

これは、動物にも同様に言えます。人間の次に脳が発達していると言われているのは、「猿」ですが、皆さんもご存知の通り、人間と同じくらい手を自由に使いこなしますよね。ただ、指に関しては、人間ほど自由には使いこなせていません。

例えば、ボタンを閉めたり、ボールをコントロールしたりと言う事は、まだ難しいですよね。この違いが脳の発達にも表れていると言われています。

なので、幼少期に、手・指をフル活用させる事は、子供の脳の発達にとって、本当に重要な事なんです。

以下の本に色んな手遊びの方法が記載されているので、ぜひ一読してみてください。

すぐれた脳に育てる―手と指の実践トレーニング33

私もそうですが、子供が頑張ってやっているのに、ついつい自分でやってしまいそうになりますよね??気持ちは凄く分かります!!でも、我慢しましょう。

子供が自分で達成する事と、手・指をフル活用することは、脳に大きな影響を与えている要因だと理解すれば、気持ちは抑えられるはずです。
深呼吸し、心で「ガマン!ガマン!」と唱えましょう(笑)

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
子供教育関連記事

子供の教育で父親ができる事は?

上記で色々記載しましたが、結局のところ父親に何ができるのか?

答えは、、、、ほとんどありません(笑)

ただ、子供の教育として、もう1つ理解しなければいけないことは、子供を育てる親の精神状態です。
これは、あまりフューチャーされませんが、良い子供を育てるには、良い環境が必要ですよね?

当たり前ですよね。ただ、子育ての負荷の割合はどうしても母親のウエイトが大きいです。
そのため、母親が適切な精神状態で、適切な子育てをしているかが重要なポイントになる訳です。

母親が疲れて限界な状態で、どうやって適切な子育て・教育ができるでしょうか?厳しいですよね・・・。

なので、父親が出来ることは、母親の精神状態が良好になるようにサポートすることです。
そうすれば、回り回って、良い子育てができると私は思います。

何気ないことでも、いいはずです。言葉遣いであったり、感謝の言葉であったり、自分で率先して家事をしたり。
自分(父親)の行動を改めて見直し、母親の頼りすぎていないか考え、行動することが、良い子育てにつながると思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
子供教育関連記事

 

スポンサーリンク

さいごに

やはり、良い教育をするには良い環境に子供を置き、我慢強く見守ってあげることが基本だと私は思います。

そのためには、まず自分の今の環境がどうなのか?と言う事を見つめ直し、改善する事が子供にとってより良い教育につながっていくはずです。

子供を変えたいのであれば、まず親の方から!そして、子供にどう影響があるのか1つ1つ試してみてください。

子育てで目の前しか見えなくなっている状況を少し遠くから見る事で、見えてくる景色があるはずです。

私も出来ていない箇所も多いので、1つ1つ改善し、より良い環境を目指していきます!!

関連記事:
子供教育一覧
URL:
http://judoengineer.xyz/category/子供教育/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です