英語 リスニング上達のための4つのコツ!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

英語の勉強で必要なのは、

まず、英語特有の音を聞く事です☝

それには、映画や音楽も大事ですが、

やはり、まずは会話をし、

特有のテンポに慣れる事が

大事です!!

その為には、2回の無料英会話レッスンがある

DMM英会話が非常にお得です。

ぜひお試しください!!

英会話

悩みがあれば、気軽にLINEの友だち追加から質問してください!

友だち追加

 

TOEICの点数をまず伸ばしたいのならば、リスニングを一気に伸ばすことが、効果的な方法です。ただ、すでに、600点後半〜700点台の場合は、この勉強方法はあてはまりませんので、ご注意ください。

他にも英語関連の記事も書いておりますので、右記リンク(リンク)をご一読ください。

 

TOEICの点数を伸ばすのに、本当にリスニングだけで伸びるの!?

TOEICの点数は、リーディングとリスニングで半分づつあり、リーディングよりもリスニングの方が、勉強すれば効果的に点数が上がります!!

これは、リーディングは今までの学生生活である程度勉強してきていますが、リスニングに関しては、特化してやってきたことが少ないので、やればやるだけ伸びます!!

まずは、伸びると信じて、悪い結果が出ても辛抱して続けてください!

結果は出ます!!

そして、TOEICのリスニングを伸ばすコツを次とその次の章で紹介します。
また、根本的なレベルアップの方法については、第4章で紹介しています。

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

スポンサーリンク

TOEICのリスニングを伸ばすコツとは??

TOEICのリスニングだけに特化したコツというのがあります。
その事を以下で簡単に紹介したいと思います。

リスニングを伸ばすコツ ⑴

リスニングを伸ばすコツは、Part3,4の問題先読みです!

Part3,4は会話文と演説文の内容と合致しているものを選ぶ問題ですが、800点程度とる人でも、会話文の問題を読み、どんな問題を聞かれるのだろうという心の準備がないと、間違えてしまいます。これは私のことですが(笑)まぁ、本当に実力のある方は、違うかもですが、。。。

そのため、Part1,2の練習問題中に、Part3,4の問題文を先読みすることが大事です!!

問題文を先読みさえしておけば、どのような問題が聞かれるのか、少し予想や準備ができ、落ち着いて会話もしくは演説が聞けます!

これは、本当に有効ですので、ぜひトライしてください。

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

 

リスニングを伸ばすコツ ⑵

Part2については、最初の3語を絶対に聞き逃さないという気持ちで臨んでください!

Part2は、質問に対する適切な答えを選ぶ問題ですが、4W1Hに関する内容が多いです。その場合、最初の3語(例:What is your problem?, When can you come to here?)さえ、何とか聞き取れれば、たとえ全文が聞き取れなくても、回答できる可能性が高いです。

例えば、What is your problem? では、「何があなたの○○ですか?」というところまで聞き取れれば、Yes, Noで始まる選択肢は、まず回答にならないです。

他にも、Do you have any idea about next trip? では、「あなたは何か○○についてありますか?」まで分かっているため、答えは、「Yes」「No」から始める選択肢の可能性が高くなります。

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

 

根本的なリスニングのレベルアップ

上記では、あくまでTOEICだけに特化したコツみたいなものを紹介しましたが、やはりある程度のところまで行くとコツだけでは対処できなくなります。まぁ、当たり前ですよね!?

そのため、根本的なレベルアップというのが必要となってきます。
その方法について、以下で紹介したいと思います。

根本的なリスニングのレベルアップにはどうする?シャドウィング?

根本的なリスニングのレベルアップには、まず適切な発音を覚える必要があります。

なぜなら、せっかく単語の意味を覚えたとしても、覚えやすいというだけの理由で英単語をローマ字読みで覚えている方がいますよね??

これは、完全にNGです!

ネイティブが発音した単語と自分がローマ字読みで覚えた単語の発音が違いすぎて、2つの単語が結びつかなくなります。

結果として、聞き取れないと言う事に結びつきます!

これでは、全く意味がありません!

なので、適切な発音を覚える必要があります。

今は色々とツールが発達しておりますし、サイトも豊富に存在します。
私のオススメのサイトは、ニュースで英会話というNHKの英語サイト

これは、NHK Worldのアナウンサーが読むネイティブに近く、聞き取りやすい、きれいな英語とその話している文章(英文)を全て見ることができます。

そのため、勉強教材としては最適です!しかも無料!
私ケチなもので、無料なものばかり探してしまいます…すみません。

さらに、勉強する際は以下手順で勉強しましょう。

⑴ 英語だけ聞いて、聞き取れるか試す。
⑵ 相手が言っている、英語を聞きながら、自分も真似して英語を話して見る(いわゆるシャドウィングを実践する)
⑶ 本当に合っているか、英語訳を見ながら、シャドウィングを実践する。

この対応で、最低3回は該当の英文を聞きます。さらに、わからない単語があれば、⑶の後に調べ、再度シャドウィングをしてください。

これで、和訳が分かりながら英語をシャドウィング出来るので、英語から日本語への変換能力も向上します。

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

 

リスニングの時に、英語のまま聞く?日本語訳して聞く?

よくリスニングの得意な方で、英語を英語のまま聞けるようになる必要があるという方を耳にしたことはありませんか??

確かに、それは合っているかもしれませんが、それは初心者には少し重荷ではないでしょうか?

実は、私の考えでは、少し違います!

リスニングが得意な方は、英語を英語のまま聞き取っているように思えますが、そのまま聞き取るのではなく、

その単語の意味が瞬時にイメージとして分かるため、英語から日本語への変換能力が訓練により早くなっているだけです。(もちろん、帰国子女等は例外ですよ。対象はあくまで英語をSecond Launguageとしている人です)

例えば、超基礎英単語としてappleがありますが、これを、いちいちappleはりんご、りんごはそうそう、赤くて美味しいやつ!という風に変換する人はいないでしょう。

単純にappleという単語を聞きまくっているので、appleを聞いて瞬時にりんごの絵が浮かび、りんごという日本語も映像と同時に、瞬時に頭に浮かんでいるはずです。

ということは、何度も聞けば、その単語が瞬時に日本語に変換されるようになるわけです。

まさにこれが長期記憶です!(→詳細は、長期記憶の記事!を参照ください。)

この事を理解して、地道に単語を何度も理解するまで聞いていけば、自ずとリスニング力(英語から日本語への瞬時変換能力)が向上していきます。

原理がわかれば、闇雲に努力するよりも、やる気が出ますよね!?

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

スポンサーリンク

さいごに

確かに、英語はすぐに能力は向上しないかもしれませんが、苦手意識をなくし、まずリスニングから強化していけば、すぐにTOEICの結果にも結びつくはずです。

簡単ではないかもしれませんが、結果が出た時は快感ですので、ぜひ頑張りましょう!!

関連記事:
英語関連記事 一覧
URL:
http://judoengineer.xyz/category/英語/

関連記事:
自己啓発記事 一覧
URL:
http://judoengineer.xyz/category/自己啓発/

4 件のコメント

  • I have observed that in the world these days, video games include the latest popularity with kids of all ages. Periodically it may be extremely hard to drag the kids away from the games. If you want the best of both worlds, there are plenty of educational games for kids. Great post. gegeeaakdfde

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です